京都ちーびず
ちーびず推進員が京都府内のちーびず(地域力ビジネス)を体験・体感して報告します!

海の京都・宮津の「海鮮丼」「刺身定食」堪能。地魚はここが旨いっ!

ちーびずとは
京都府内各地の元気な京都ちーびず(京都地域力ビジネス)を紹介していきます!
この記事に登場するちーびずさん
岸本佳久さん(なみじ)
岸本佳久さん(なみじ)宮津市の地産地消のかにと寿司の店。京都府の海の魚、丹後米、卵・野菜も丹後のものを使用し、美味しい地酒を揃えています。
061A9962_2

寿司・カニ料理の「なみじ」

ちーびずカタログ取材チームが、海の京都の地魚ランチを紹介したいと、宮津市の地産地消の店として人気の「なみじ」を訪問しました。地元ショッピングセンター宮津ミップルから約1㌔舞鶴よりで国道から少し入った隠れ家的なお店です。

今回は事前に予約。お店に着くと店主の岸本佳久さんが笑顔でお出迎え。玄関脇の信楽焼の立派なタヌキさんは何となくアルジに似ているような(失礼… ) とても穏やかなお顔でしたが、実は地元食材にとてもこだわっておられます。なみじ店主IMG_20170427_111949お出迎え

 

人気の海鮮丼、刺身定食

奥の座敷にご案内いただきました。

打ち合わせもかねて、府内各地のちーびず推進員数名で訪問したので、いろいろお試ししてみました。平日限定のランチ、天麩羅定食、豪華版御前「なみじの浜風」と、それぞれに堪能しましたが、やはり、目を引いたの海鮮丼、刺身定食に盛られた地もの鮮魚。京都市内や美山、山城からの推進員は特に目を見張っていました。

061A9962_2

061A9939

 

店主が、写真付きのお魚報告版で地魚アピール

大皿に盛り付けた刺身が運ばれると、店主の岸本さんが写真付きのお魚報告板を使っての説明。

表

「魚はすべて地魚です。開店当初は中央市場からいろいろな魚を仕入れ鮨種を充実させていましたが、ここに来るお客さんはそんなことを望んでないんですね。地魚を食べに来てることがわかり、今は地元宮津市の田井、小田宿野の漁港に直接買付に行ってます。毎日違う魚があがり、この報告板でお知らせしているんですよ。地もの魚を知って食べて喜んでもらえるのがうれしい」

「今日の一押しはコレ!エチオピアと言います。地物っぽくない名前ですがシマガツオのことです。白身でクセがなくなかなかいけますよ。魚以外も、米は丹後産のこしひかり、卵は伊根町の方からおいしいこだわり卵を提供いただいています。もちろん、お酒も宮津市のハクレイ酒造をはじめ、伊根町、与謝野町、京丹後市の酒蔵のものをとり揃えていますので、ぜひ次回は・・・」ってオススメいただきました。丹後には酒蔵がたくさんあり、日本酒好きにはたまらない魅力ですね。私からもオススメしまーす。

お店には宮津市の「地産地消推進店」という木の看板が置いてあります。食のこだわりのお話は地元の人にも人気です。少人数ならカウンターでお話を聞きながらが良いですね。余談ですが、岸本さんはアマチュア演奏家でブラスバンドをされているそうです。私も趣味でコーラスをしているので音楽の話でも楽しく盛り上がれそうです。

061A9945

追加して、ちーびず推進員から「丹後の地魚ここが旨いっ」解説

ボードに貼られた魚を見て、同じく丹後の蒲田推進員のお魚講座が始まりました。

まず、イカ事情。手書きで「するめ伸子(しんこ)イカ半刻干し」とあるけど、春~夏の白イカは、かめばかむほど甘味が増して、イカ好きにはたまらない。お店提供のものは半刻だけ干してあり酒の肴に最高に違いない。また、秋の剣先イカを干した剣先スルメは宮津でも高級で肉厚。お使いものにも活用。さっとあぶってマヨネーズがオススメ。

これからのアジ、丸アジ・本アジは脂がのってこれまた最高。

そしてサバ事情。今はノルウェー産が脂ののりも良く地元の「へしこ」にも使われているけど、宮津湾にも以前は「地付きのサバ」と言って磯に着くおいしいサバがいました。今も宮津湾には、夏はゴマサバ、秋冬は真サバがあがり、もちろん旨いですよ。

アナゴも太くて脂ののったものが宮津湾にあがるけど、骨切りできる職人が地元になかなかいないので、京都市内ほどメジャーにはなってないですねぇ。さらに、太刀魚、甘鯛、ヒラマサ、さわら・・・・と続き、丹後の私でさえ、ただただ、ため息が漏れるばかりでした。

みなさん、ぜひ、季節季節に訪れて、店主や地元の方々のお話を聞きながら海の京都・丹後のお魚を堪能してください。

 

寿司・カニ料理「なみじ」

 店主 岸本佳久  住所 京都府宮津市波路2402-2
電話 0772-20-1188

 

 

ちーびず推進員メモ

今回は地産地消の店を取材しました。地域に根ざした企業などこれからも取材いたします。協働連携をお考えの方、ぜひお声がけください。
山本洋子
by
やまもとようこです。丹後地域中心に活動しています。 生まれは東京、丹後に来て?十年。今では夫より丹後弁が上手と言われます。京都府女性の船研修の仲間と地域づくりの活動を始めました。人生経験は豊富ですが、推進員はルーキーです。よろしくお願いします。
TANGOくりえいと夢ホームページ:https://tango-create-yume.jimdo.com/
TANGOくりえいと夢Facebookページ:https://www.facebook.com/yoko.yamamoto.963
SNSでフォローする
関連記事
No articles
人気記事