京都ちーびず
ちーびず推進員が京都府内のちーびず(地域力ビジネス)を体験・体感して報告します!

静かな山里に響く明るい笑い声~夜久野・ななっこカフェ

コミュニティカフェとは
地域の方々が集い、一服できる場所を提供するコミュティカフェをご紹介していきます。
この記事に登場するちーびずさん
片山さん(ななっこカフェ)
片山さん(ななっこカフェ)「地域の憩いの場所をつくりたい。」集落の想いを形にしたカフェ、ななっこカフェの運営をされています。美しい自然、暖かいおかぁさん達。

7つの集落の集合地点・ななっこカフェ

gaikan

平成28年3月発行のちーびずコミュニティカフェ紹介冊子「まちのいっぷくどころ」12ページに紹介されています、ななっこカフェ。

地域の常連客である、やくの農業振興団・中島さんにそば茶のお話をお伺いするため、初めてななっこカフェを訪れました。

我が家のある西舞鶴から約1時間ちょっと。

由良川沿いに大江町を進み、国道9号を707号線に右折して道なりにのどかな集落をいくと

Yの字に二手に道が分かれる場所に行きあたります。

そのYの字の真ん中に当たるところに、ななっこカフェがありました。

迷わず行けるのかな、と心配していましたが結構あっけなく着いてしまいました。

というのは、このななっこカフェ、集落を流れる畑川に沿って2つの谷に分かれるのですが、

その分岐点、集落の皆さんが必ず通る場所を選んで建てられているからなんです。

tizu

2つの谷には7つの集落がありますが、全員合わせても200人くらいだそうです。

高齢化も進んでいます。

そこで地区の存続を目指し、平成24年に集落間の協議会が立ち上がり、翌25年に地域の人が集まれる場所として

このななっこカフェが作られたそうです。

人なつっこく面倒見のいい4人のお母さんたち

まず、目につくのは外側に並べられた青々としたほうれん草、小芋。100円なんです!それも採れたて。

葉わさびは150円。レシピつきです。

hourennsouhawasabo

野菜を選んでいますと、いいタイミングで、ななっこカフェのスタッフ、おかあさんと言わせてください、

おかあさんのお一人が出ていらっしゃいました。

4人のおかあさんでこのお店を切り盛りされてるそうなのですが、スタッフって感じではないんです。

普通によくお話されます(笑)

4人いらっしゃると本当に賑やかで楽しくて、口々にお話されるのですが、ほどよいほのぼのとした賑やかさで。

ヨモギの話になると、道にちょこちょこと出て、ほらここ、これがヨモギって教えてくださるし

あそこが水車があるとこで、って説明もしてくれますが、

ちょいちょいとヨモギをつんで、ヨモギもち食べたいなあとまったりされてたり。

yobogikesiki

それでいて、食事を作られる時は皆さんてきぱきと動かれるし、本当に田舎のおかあさん、って感じです。

昼食は、もちろん地元産の食材を使った家庭料理です。

いわゆる、おふくろの味ですね。

食後に、中島さんのお話を伺っていると、お芋がやけたよ、と持ってきてくださいました。

どこまでも、おかあさんです。

chuushokuimo

人に会いたくなったらここに来れば会える

常連のお客様が来られたので、ちょっとお話を伺ってみました。

~ここは、地域の皆さんにとってどういう場所でしょうか?

「農作業を一人でしていると、全く誰とも話をしないで一日が過ぎる。人にあうことのない日もある。

だけど、ここに来たら人に出会える。」

広い耕作地で仕事をされていると、人に出会わずに一日終わったりするんですね。

孤独というものは、人間の体によくないようです。

人の温もりを感じて、和やかな笑い声を聞くだけでも、また頑張ろっていう力が湧いてくるんですね。

外食といっても、ななっこカフェでの食事は家庭料理。

体にもいい食事です。

お昼の休憩がてら、体にいい食べ物を食べて、おかあさんたちのあたたかさに触れて

また農作業に戻る・・・それが健康の秘訣のようです。

日常的にいつでも行くことができる場所、7つの集落の人が出会う場所、だからななっこカフェというんですね。

また、このななっこカフェで、福知山市地域おこし協力隊の山田さんに出会いました。

山田さんは、地域のイベントの企画・運営・地図作りや地域のものを売り出すセールスなどをされています。

山田さんには、小さなお子さんがお二人いて、そのことが本当に地域の方にとっては明るい元気の源になってるようです。

東京、静岡を経て来られた山田さんですが、来てよかった、子供がいるっていうだけで喜んでもらえるとおっしゃっていました。

また、子供たちに自然のものにふれてほしいとの思いもあり、今の生活を楽しんでいらっしゃるようです。

豊かな人情 輝く自然 みんなで汗かく 元気村

kannbann

すっかり長居をしてしまい、では帰りますと帰りかけたところ、この看板に出会いました。

まさに、ななっこカフェのおかあさんたちにピッタリ!

そんなことを考えながら車の運転をしていましたが、やはり、ななっこカフェの紹介をするには

おかあさんたちの笑顔の写真なしではできない!と思い立ちまして、Uターンしてもう一度ななっこカフェへと向かいました。

扉を開けると、おかあさんたちはお食事中。

夕方に近い時間でしたが、私たちが帰るまでお昼を食べられなかったのですね。

皆さんで和気あいあいとお食事してらっしゃるところを撮影させていただきました。

okannra

夜久野方面に行かれたときや、

なんか寂しくて家庭的なものに触れたくなった時には、

ななっこカフェ、おすすめです。

 

仲井玲子
by
舞鶴にぎやかし隊、赤れんが・明治・大正ろまんドレスちーたび、コミュニティFMまいづる立ち上げなど、舞鶴を中心に交流事業の企画実施や、広報力を活かした活動を行っています。参加して楽しい様々なコラボ婚活も企画します!イベント企画や司会もお任せください!
SNSでフォローする
関連記事
人気記事