京都ちーびず
ちーびず推進員が京都府内のちーびず(地域力ビジネス)を体験・体感して報告します!

実際に訪れてこそわかる、被災地に本当に必要なもの~マルチポンチョ~

ちーびず応援カフェ(京都府主催)とは
応援カフェは、継続的な地域づくり(京都ちーびず=地域力ビジネス)を目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出す場です。
この記事に登場するちーびずさん
植木力さん(㈱カスタネット 代表取締役兼社会貢献室長)
植木力さん(㈱カスタネット 代表取締役兼社会貢献室長)社会的課題を経営的視点で解決するソーシャルビジネスに取り組む㈱カスタネット社長。実際に被災地を訪れて被災者の方の声を生かした商品開発をされています。

 

dsc_2403

12月2日、京都ちーびず応援カフェで防災をテーマに㈱カスタネット社長、植木力さんより

「災害時に役立つマルチポンチョ」の商品紹介を中心にお話を聞きました。

植木さんは、

「いつも社会と共鳴する企業をめざし、社会貢献と事業がシンクロナイズする姿を追い求めています。」

という経営理念のもと、会社などで使うオフィス用品・オフィス家具・防災用品などをネット販売をされています。

dsc_2382

 

dsc_2383

元々、植木さんは「防災」という言葉が好きではないそうです。

「防災」というと、行政が行うものというイメージで、防災に関する講演などを開催しても年配の方や役のついた人しか集まらない。

これは、私の住んでいる舞鶴市でも同じです。

必要だとはわかってはいるのですが、正直、あまり考えたくない問題ですし、話を聞いて楽しいものではありません。

防災意識を高めることが大切なのでしょうが、日ごろから防災グッズをそろえて、賞味期限のあるものなど気を付けて普段から順番に使っていく、

枕元にはいざという時のために靴と懐中電灯を用意しておく・・・なんて、本当に面倒なことです。

防災についての講演も、これまでに起こった様々な災害の事例紹介、具体的な数字で被害の大きさを提示、

そんな堅苦しいイメージしかなく、テレビでも何度も紹介されてるしなあとなかなか足が向きません。

実際は、行ってみてよかったっていう講演もたくさんあるのですが・・・。

今回の植木さんのお話も聞いてよかったと素直に思える内容でした。

というのも、植木さんが実際に被災地を訪れ、ソーシャルビジネスの視点からそこで本当に必要なものは何なのかを被災者の方から生の声を聞いておられるからです。

私たちはテレビの報道などでしか情報がないので、一番必要なものはまず水と食料だなと考えがちです。

実際、被災地の方に最初に困ったことは?という質問をすると9割の方が、「水」と答えられるそうです。

食料は意外とすぐに必要なものというわけではないそうで、というのもやはり2,3日は食欲がなくなるそうです。

食料以上に必要なものはトイレです。

被災地では、仮設トイレが来るまでに3,4日かかるそうで、それまで山に穴をほったり、紙パンツを使用したり。

ある女性は、プライバシーのない中でのそんなトイレ事情が今も忘れられない心の傷になってると語られたそうです。

また、毛布はあったかいけど毛布をかぶったまま作業することはできない、雨が降ったときなど雨合羽を着ても結構寒い、

そんなときにゴミ袋が意外と役に立ったそうです。

簡単でお気軽で防水防風にもなる、そして、大きなゴミ袋をスポッとかぶってしまえば、着替えもできるしそのままトイレで用を足せる。

そんなプライバシー保護にも役立つのが、「マルチポンチョ」です。

dsc_2408

マルチポンチョは1200㎜×1000㎜と900㎜×900㎜の2種類のサイズがある袋で、上からは頭を出すことができ、必要に応じて手を出すこともできます。

使用するまでは小さく折りたたんでありますので、普段からカバンに入れておくこともできます。

釣りを趣味にする方がこれを見て、「ぜひほしい!」と言ってます。

防寒になるのがいいし、使い捨てというのもいい、小さくてコンパクトなので持っていきやすいとのことです。

dsc_2708dsc_2709

植木さんは、

「防災の時しか使えないものは本当の防災用品ではない、

ふだんから身近でちょっとした困りごとに使えるもの、

それがいつ起こるかわからない災害時に本当に役にたつ。」

とおっしゃってました。

確かに、普段から役に立つものなら普段使いでカバンに入れたりしてありますので、わざわざ防災用として置いておかなくてもいいわけですね。

どういうシチュエーションで災害に合うかわかりませんし、いつも持ち歩きしていれば安心です。

また植木さんは、災害時に必要なもので大切なものの一つは、ブルーシートだとおっしゃいます。

テントがわりになり、寒さよけに使え、道の確保ができ、遺体を隠すこともできる、

しっかりとしたブルーシートがあればいろんな用途に使える、これは行政で用意してほしいものとのことです。

植木さんの会社、㈱カスタネットでは8月から毎日HPにて動画を配信されてるそうです。

日に日に視聴回数も増えてきているそうなので、こちらもチェックしてくださいね。

 

さて、うちもライブのため何時間も寒い中並ぶという娘のために、マルチポンチョ、買っときますか。

仲井玲子
by
舞鶴にぎやかし隊、赤れんが・明治・大正ろまんドレスちーたび、コミュニティFMまいづる立ち上げなど、舞鶴を中心に交流事業の企画実施や、広報力を活かした活動を行っています。参加して楽しい様々なコラボ婚活も企画します!イベント企画や司会もお任せください!
SNSでフォローする
関連記事
人気記事