京都ちーびず
ちーびず推進員が京都府内のちーびず(地域力ビジネス)を体験・体感して報告します!

京都こだわりマルシェ@京都府庁旧本館に行ってきました。

ちーびずマルシェとは
京都府内、地域の食材で作ったこだわりの加工品や地域の特産品など、各地域団体の産品をお届けする「京都ちーびずマルシェ」。 普段なかなかお目にかかれない、美味しい物盛り沢山でお待ちしています!
この記事に登場するちーびずさん
蒲田龍さん
蒲田龍さん大学でバイオデザインを学ぶ学生さん。丹後出身で、ちーびず推進員を父に持つ。
丹後ちりめん風呂敷地で絹100%の素材から生まれた「ちりめん美人ボディタオル」で身体を洗い、栄養満点の桑の葉茶を愛する未来のちーびずを担う若者。

お天気に恵まれ、9月25日(日)京都府庁旧本館にてこだわりマルシェが開催されました。
創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のもので、平成16年に国の重要文化財に指定されました。
ルネサンス様式に属する建物の外観、内観も素敵です。
歴史文化を満喫し、そんな中たくさんの方と交流できるこだわりのマルシェです!

 

府庁開催が嬉しいのは、雰囲気はもちろんですが自転車駐輪ができる!ということ。
重たいお米や野菜のお持ち帰りも可能なように、駐車台数に限りはあるけれど車も可。
市内だといつも駐輪や駐車に困るのでありがたいです。お子様連れの方も多かったです。

音楽に合わせてまゆまろがお出迎え♪

p1080139
こだわりマルシェの「マルシェ」とは、フランス語で“市”のこと。

商品の売り買いだけでなく、生産者・消費者・研究者・近所のお母さん・子供から大人まで、あらゆる年代やジャンルの方が楽しみながら「食」について、知り・学び・考える一日にしたいとの思いからこの名をつけられたそう。

なるほどたくさんの出店者さんがおられます。
グッズの展示・即売、パフォーマンス、イートインスペースなどもあり、旧本館の見学もできました。
オープニングはベートルズさんの優しい演奏に合わせてまゆまろがゆらゆらしていてかわいかったです。
p1080140

旧本館を満喫しよう!

「丹後のばら寿司こちらです~!」という威勢の良い声が聞こえてきます。

推進員としてまずはちーびずブースをと思ったのですが、いつもの癖でパートナーシップセンターの方(旧本館内)に足を運んでしまったので
旧本館を満喫することに予定変更。
p1080142

マルシェ仕様にアレンジされています。
p1080143

素敵です。

p1080144
2階には旧知事室が。
入れるのかな?と思ったら「どうぞー」とお声掛けいただけたので中に。
p1080147

ため息がでるほど素敵なお部屋。
東側の窓から比叡山を望む抜群のロケーション。

「わらぞうりづくりのように編んでね~」

1階のパートナーシップセンターにちーびずメンバーがいてる!と思って旧本館内をうろうろ。
p1080152

中庭にも出店がありました。
春にはとても美しく祇園しだれ桜が咲きます。

p1080154

すっかりこちらのお部屋だと思っていた私でしたが、娘が開催されていた新聞エコバックづくりに挑戦したいというので、一緒につくることに。

環境にやさしく、安心な農産物生産に取り組むエコファーマーさんのサポートをする応援団、「えこふぁーまーファンクラブ京都」さん主催で、
ご指導いただきました。

p1080157

紙を折ったり切ったり…は簡単で、丁寧にご指導いただけたのですが、持ち手になる部分は「わらぞうりのように編んでね~」と笑顔で。

わ・ら・ぞ・う・り?

「編んだことないのですが・・・。」
というとすごくびっくりされました。

次に来られていたファミリーも、未経験。

「せっかく来てくれたし、ひとつでも収穫していてね」とみんなで細長くした新聞を2本をよって、持ち手をつくりました。

よい勉強になりました。
このバックでたくさんお買い物をしよう!

声の主はとっても好青年でした

p1080161
外はあつい!

p1080163

よし!お買い物をしよう!と決めて出逢ったのが369商店さん。

チラシにトマトがあると書いてあったので大好きなトマトをGET。
モロッコインゲンも。蒸して、ごま油と塩で味付けした試食がおいしかったのでお家でもつくりました。

p1080168

そっか、私逆から回っていたのか・・と、ようやく気づきました。

こうなると娘も、もう帰りたいモードになっておりました…。
p1080170

でも今日はお昼にばら寿司を絶対買って帰ると決めていたのでお買い上げ~。

この素敵な学生さんは、なんと先輩推進員さんの息子さん!丹後から一緒にきてくれたんですね!
彼の声がマルシェに来て最初に聞こえましたよ。「丹後のばら寿司こちらでーす!」

おかげでGETできました。

p1080172

まゆまろ~も来てくれてありがとう!

p1080173

新米の季節ですね。お米も多く販売されていました。
会場の雰囲気もあり、お写真をとられている方もたくさん。

p1080174

子どもたちもたくさん。

暑かったので出店者の皆様も大変だったと思います。そして早朝から、ご遠方からお疲れ様です!
それぞれのこだわりを知ってもらうことで、身近な存在になれるはず。

次回は2017年3月13日(日)に開催が決定したとのこと。

出逢いが楽しみです!

 

ハレの日

今日はハレの日。
主人の美大時代の同級生が集まってグループ展を開催していました。みんな集まってくれたので、お昼ご飯に丹後のばら寿司、おいしくいただきました。

丹後ではハレの日にばら寿司をいただくそうです。

p1080176

赤ちゃんも食べてくれました♪

来場者多数のマルシェの場合、魅力的な生産者の方や販売の方にもっとゆっくりお話を伺いたいですが、
お客様も多いのでなかなかそうはいきませんよね。
「ばら寿司おいしいよね~」ってみんなで食べるとまたファンになるものです♪

京都ちーびずリレーマルシェでは、生産者の方のお話をきき、交流し、食やワークショップを楽しめるという取組を行っています。
マルシェの雰囲気とは違った楽しみ方として、お勧めですよ。

 

岡元麻有
by
上京区在住。 広告代理店にて企業の販売促進を手掛けたのち、築200年の京町家を活用し、暮らしながらギャラリーbe京都の企画運営を行う。 お金持ちにはなれないかもしれないですが、「しあわせもち」になりたいと思い育児と仕事に奮闘中。 「町家デビュー」3分ムービーで岡元を80%お分かりいただけるかも
SNSでフォローする
関連記事
人気記事